読書の大切さ

2012.12.5|お金のスキルを向上させよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

money-kakumei

予定していた仕事が、つまらん事情によりすぐにはできなくなったので、久しぶりに見知らぬ方のブログなど拝見しておりました。
主婦の方だと、当然ながら、話題は子育て&家計の話題が多いですね。

ファイナンシャルプランナーを18年間やっていますから、拝見させていただいた家計は1000世帯分ぐらいにはなりますが、時々、「親が間違ったことを教えちゃってるな~」 と感じることがあります。
親というのは、主婦の方ではなく、その親ですよ。子供から見たらおじいちゃん、おばあちゃん。

もちろん、大事な息子や娘に間違ったことを教えるつもりはないでしょうが、でも、親の世代では正しかった・・・というか、そう信じていても問題はなかったけど、それを今の時代に持ち越しちゃうと、間違いになる、あるいは損をしてしまうということは、多々あるものなのです。

何度も書いてますが、日本では、学校で、お金・仕事・生き方といったことを教えてくれません。
お金についても、初めてお小遣いを貰った時に、「無駄遣いしちゃいけません。余ったお金は貯めなさい」しか教えられていないですからね。
それで社会に出て、家庭を持って・・・となれば、お金に困る人が大変なのは、当然ですよ。

だから、正しい教えは、「お金は生活にとって大切なものだから、ちゃんと本を読んで勉強しないといけませんよ」しかありません。
正しい対処法というものはたしかに存在するのですから。

例えば節約。
節約をテーマにブログを書いていらっしゃる主婦の方は多いですが、節約にも「正しいやり方」はあるもので、ブログまで書いて楽しんで節約できている方は、正しい方法を自然にマズターできているケースが多いですね。
逆に、「節約しようと思ってもなかなかできない」という方は、性格的にできないわけではなくて、正しい方法を知らないだけ・・・というケースが大半だと思います。

さらにその上で、今の時代は、節約よりも「収入源の複数化」を優先させなければいけません。
しかし、そこまでしっかり把握できている人は、残念ながらごく少数しかいないというのが実情でしょう。
親の世代では、そんな考え方は必要なかったですから。

しあわせの白い本」も、究極はそのことを伝える本です。
必読図書や推薦図書をたくさん提示してありますが、こういうものを一冊きちんと読むと、読むと読まないの差の大きさに恐れを感じ、きちんと勉強するようになるものなのです。

「そうか、とりあえず何か、読んでみようかな」という方は、私の本などいかがでしょうか。
かなり役に立つと思いますよ!


生命保険見直し】 【賢い相続対策】 【ストレス激減・ハッピー増大】 【起業を応援

<メルマガ「お金のストレス、さようなら~ FP救急隊ニュース」登録>

お名前 (ご本名にてお願いします)

 

メールアドレス (必須)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL