サラリーマンは年収をアップさせなければならないのです!

2013.8.12|サラリーマンの年収53%アップ法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

3つの収入源 カバー - コピー

さて、過去3回の記事で、30~40代のサラリーマン世帯のほとんどが、危機的状況を迎えていることがおわかりいただけたと思います。

前述したように、今、そしてこれからの世の中は、親の世代や先輩たちの世代とはまったく別のステージなのです。
過去の考え方のままでは、家計は逼迫し、ついには家計破綻を迎えてしまいます。

しかし、多くの人が、こんな重大な事実に気付いていない・・・それは、お金に対する知識と認識がなさ過ぎるからなのです。

それも仕方のないことでしょう。
日本においては、学校でお金の教育をしてくれません。
親も教育を受けていないのですから、子供に教えることができません。

私なんか、文学部国文科の中世和歌専攻ですからね。教科書が筆文字の変体仮名ですよ。
お金の勉強どころか、高校3年の春から、算数すらやっていません。

その結果、ほとんどの人が、お金についての勉強をほとんどしないままに、社会に出て自立し、家庭を持ち、子供を育て、家を買い、老後に備える・・・そこに、お金の問題が常に発生するのは、当然のことなのです。


親の世代はそれでも生活ができました。
しかし、これからはそうは行きません。
今こそ、家計についての根本的な意識改革が必要なのです!

とは言え、家計の話になると、ほとんどの人が「節約」と「貯金」しか思い浮かびません。
これでは、お母さんから初めてお小遣いをもらった時に、「無駄遣いしちゃダメよ」「余ったお金は貯金箱に入れなさい」と言われたのと変わりません。
要するに、ほとんどの人が、初めてのお小遣いをもらった時のレベルから進歩していないのです。

ここで、考え方を根本から変えましょう。
節約と貯金はもちろん大切です。しかし、その認識のままでは家計破綻を迎えてしまいます。

「今の社会においては、節約と貯金よりも、収入源を複数にし、収入額を増やすことの方が優先順位が高い」

このことをまずはしっかりと認識して下さい。

もちろん節約は大切ですが、そこには限度がありますし、過度の節約は生活の潤いを欠く結果となります。
また、少々の節約が家計に劇的な変化をもたらすものでもありません。
そして、少々の節約程度では貯金額はなかなか増えません。

つまり、家計破綻を回避するためには、収入額を増やすしかありません。
しかし、サラリーマンの方々は、急に収入を増やすことは不可能です。
従って、収入額を増やすためには、収入源を複数にするしかないのです。



3つの収入源 カバー - コピー
サラリーマン世帯のための
「年収53%アップ!メール通信講座」

好評発売中!
~いまどきサラリーマンだからできる!~
「3つの収入源」で年収53%アップ実現法』


無駄な保険料を2000万円削減する!
生命保険見直し
著書9冊、1000世帯以上の実績。完全返金保証



生命保険見直し】【賢い相続対策】【ストレス激減・ハッピー増大】【起業を応援

<メルマガ「お金のストレス、さようなら~ FP救急隊ニュース」登録>

お名前 (ご本名にてお願いします)

 

メールアドレス (必須)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL