家計の収入源を3つにする【パターン2】

2013.8.15|サラリーマンの年収53%アップ法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

前回は家計の収入源を3つにするパターンの(1)を提示しました。

今回は2つのパターンの内の(2)です。

(2)

 ●夫の給与収入
 ●妻が起業しての事業収入
 ●夫の副業、あるいは夫婦での副業

妻がフルタイムで働くことができない場合も非常に多いはずです。

「夫の扶養控除の範囲内でパートに出て・・・」では問題は解決しません。
それはもはや過去の考え方です。
前述の家計の計算では、妻が16年間パートを続ける想定にしていましたが、それでも、家計破綻に陥ります。

専業主婦、あるいはパートをしているこということは、子育てなどの事情によって正社員として勤務ができないか、正社員として雇用してくれる会社がないということなのでしょう。

フルタイムで社員として働けないのなら・・・起業です!

起業と聞くと「私には無理!」と思ってしまう人が多いようですが、決してそんなことはありません。
何より、できるかできないかの問題ではなく、やらなければ生活できないのです。

神田昌典さんも著書「2022 これから10年活躍できる人の条件」でこう書いています。

「起業を志すものにとっては、これまでにない恵まれた環境が続いている。」

「人類史上はじまって以来、最も起業しやすい環境に私たちはいる。再就職の面接に向けて、多大な努力をするぐらいであれば、自分の事業をスタートするほうがよほど簡単になっているのではないかと思えるほどだ」

「ほんのちょっと起業準備するだけで、ライフワークを掘り当てる可能性がある。ライフワークには定年がない。一時的に収入は減るかもしれないが、しかし、引退する必要がない。楽しい仕事、自分が誇りを持っている仕事を、身体が動く限り、続けられる」


そう、今は、就職よりも起業の方がはるかにメリットの大きい時代なのです。

そしてその上で、夫単独で、あるいは夫婦で副業を行います。
妻が起業して行う事業とリンクした副業を夫婦で行うことが理想です。


3つの収入源 カバー - コピー
サラリーマン世帯のための
「年収53%アップ!メール通信講座」

好評発売中!
~いまどきサラリーマンだからできる!~
「3つの収入源」で年収53%アップ実現法』


無駄な保険料を2000万円削減する!
生命保険見直し
著書9冊、1000世帯以上の実績。完全返金保証



生命保険見直し】【賢い相続対策】【ストレス激減・ハッピー増大】【起業を応援

<メルマガ「お金のストレス、さようなら~ FP救急隊ニュース」登録>

お名前 (ご本名にてお願いします)

 

メールアドレス (必須)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL