年収53%アップ!いまどきサラリーマンだからできる理由【2】

2013.8.15|サラリーマンの年収53%アップ法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

3つの収入源 カバー - コピー

【いまどきサラリーマンだからできる! 理由その2】

昔は「仕事=会社」であり「会社、命!」でなければならなかった。
しかし、今はそんな時代ではないし、イマドキサラリーマンには、そんな意識はない。



かつてのサラリーマンは、「仕事=会社の仕事」であり、一つの会社に在籍し続けることが、「真面目な人生」でした。
そして、「転職しようと思う」という相談を受ければ、理由も聞かずに「辛抱しなくちゃだめだ!」と答えるのが普通の対応でした。

起業という言葉も、一般的に使われるようになったのはここ10年ほどのことです。
かつてはサラリーマンを辞めることは特殊なことであり、それは「脱サラ」という言葉で表現されていました。

会社への忠誠心と献身は、出世のための最低条件でした。会社あっての自分の生活であり、会社が定年後の生活までをも支えてくれました。
そんな状況下では、会社以外からの収入を得ようとは思わないでしょうし、会社以外からの収入に対して、罪悪感すら感じても不思議ではありません。


しかし、今はそうした感覚を持つサラリーマンはほとんどいませんし、会社にもそうした風土はありません。転職も起業も選択肢の一つです。

会社には感情がありません。会社の都合でリストラを行い、残業代やボーナスカットを行い、退職金を減らします。
そもそも会社自体、存続し続けることができるかわからない世の中なのですから、そこに忠誠を誓っても意味はありません。

何より、会社からの給料だけでは暮らして行けない状況になってしまったのですから、副収入が得られるならば、誰でも喜んでそれを手にするはずです。
江戸時代だって、財政難の藩は「御借上」と称して扶持を減らし、その代わりに武士の副業を奨励しました。
今はまさにそんな世の中なのです。


3つの収入源 カバー - コピー
サラリーマン世帯のための
「年収53%アップ!メール通信講座」

好評発売中!
~いまどきサラリーマンだからできる!~
「3つの収入源」で年収53%アップ実現法』


無駄な保険料を2000万円削減する!
生命保険見直し
著書9冊、1000世帯以上の実績。完全返金保証



生命保険見直し】【賢い相続対策】【ストレス激減・ハッピー増大】【起業を応援

<メルマガ「お金のストレス、さようなら~ FP救急隊ニュース」登録>

お名前 (ご本名にてお願いします)

 

メールアドレス (必須)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL