生命保険は相続対策の最強兵器です(その1)

2014.1.15|円満・円滑。賢い相続対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

生命保険で大損するな

「相続放棄」については別の記事で詳しく解説しましたが相続を放棄しても、生命保険の死亡保険金は受け取ることができます。

例えば、親が死亡した後、親戚の借金1000万円の保証人であることが判明したとしましょう。
しかし、2000万円の生命保険の受取人になっているから、相続を放棄せずに、保険金をもらった方が得・・なんてことは全然ありません

相続を放棄しても、死亡保険金の2000万円は受け取れるのです。
そして、「2000万円受け取ったのだから、借金の1000万円は返してね」とはなりません。
借金は放棄した上で、2000万円の生命保険の保険金はそのまま受け取れます。

生命保険の死亡保険金は「受取人固有の財産」とみなされているので、親の財産(=親の借金)とは別物として扱われるのです。
ホント、便利な裁定(法律上の規定ではなく、裁定であり、数十年来の通例かつ常識)ですよ。
これを利用しないのは勿体無い!

しかし、念のため言っておきますよ。
死亡時にきちんと保険金が支払われない保険契約では全然意味がありません。
そして、例えば3000万円の保険料を支払って10万円しか死亡保険金がもらえない保険契約(「そんなことあるか?」と思ったら大間違い。8割以上の人がそれ以下の生命保険に加入しています!)でも、もちろん意味がありません。

相続は、財産のあるなしに関わらず、誰しも経験するもの。
そして、相続において、生命保険は、きちんと使えばこんなに便利でお得なものはありません。

その恩恵をしっかりと享受することで、あなたは何千万もの得ができます。
そんな金融商品、そんなサービス、他にあります?

その恩恵を享受するためには、正しい知識と、コンサルティングの専門技術・経験が必要です。
同時に、「売れればイイ」ではない、良識ある営業姿勢が必要です。

「生命保険の保険金は、受取人固有の財産である」という、大いなるメリットを享受するために、あなたも是非「正しい生命保険」を準備して下さい。
9冊の著書のある私は、まさにその専門家です。
お気軽にご相談下さい。

null
ご相談、ご質問もお気軽に。



3つの収入源 カバー - コピー
サラリーマン世帯のための
「年収53%アップ!メール通信講座」

好評発売中!
~いまどきサラリーマンだからできる!~
「3つの収入源」で年収53%アップ実現法』


無駄な保険料を2000万円削減する!
生命保険見直し
著書9冊、1000世帯以上の実績。完全返金保証



生命保険見直し】【賢い相続対策】【ストレス激減・ハッピー増大】【起業を応援

<メルマガ「お金のストレス、さようなら~ FP救急隊ニュース」登録>

お名前 (ご本名にてお願いします)

 

メールアドレス (必須)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL